2013年09月20日

椎間板と神経圧迫

椎間板の痛みやすいのが負荷の多い脊柱下部の腰椎です。
脊柱下部の椎間板が痛むと腰椎と仙骨辺りの神経に障害を与えることがあります。
障害が起こると、骨盤の辺りに色々な症状が出てくることになります。
症状としては、子宮内膜症をはじめ、膀胱や腎臓の炎症、前立腺の問題、流産、不妊症、尿漏れ、膀胱炎、生理不順、生理痛、便秘などいろいろな問題が出ます。
腰を怪我することや、常に椎間板に負荷をあたえたり、ヘルニアになってしまうと気が付かないうちになってしまうこともありますので、脊柱の定期的なケアをお勧めします。




牛久市、ひたち野うしく駅西口徒歩7分にある、ヤイヘーテルデザインカイロプラクティックセンターで、カイロプラクティックの目的である、体を正常に動くようにしませんか(正常になる過程で免疫、内臓疾患、アレルギー、肩こり、腰痛、片頭痛、膝痛、肘痛、股関節痛、顎関節症、生理痛、自律神経失調症、不眠、便秘、おねしょなどいろいろ改善します)。赤ちゃん、妊婦さんから年配の方まで、つくば、龍ヶ崎、土浦、守谷、取手、坂東、笠間、行方、水戸からお越しになられています。

http://www.ekiten.jp/shop_6058704/

http://locoplace.jp/t000502874/



posted by ヤイヘーテルデザインカイロプラクティックセンター新検見川店 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | カイロプラクティック | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。