2018年09月30日

膠原病・間質性肺炎・脊柱管狭窄症

先日お越しのクライアントさんです。

当初は病院で脊柱管狭窄症の手術を勧められていたクライアントさんです。

このクライアントさんの脊柱管狭窄症は何回かの施術で強い傷みが改善されて手術をしなくなりました。

カイロプラクティックの施術を受けて他にも正常になったことがあります。

このクライアントさんは膠原病も発症されていて血液検査を定期的に受けられています。

カイロプラクティックの施術を受けてからの血液検査で間質性肺炎の数値が正常値になりました。

カイロプラクティックで呼吸器系の場所を施術していたので神経の流れが悪くて数値が上がっていたからかもしれませんね。

施術により神経の流れが良くなったから正常値に戻ったと思います。

クライアントさんがお喜びになったので良かったです。



牛久市、ひたち野うしく店、千葉市、新検見川店のヤイヘーテルデザインカイロプラクティックセーターではカイロプラクティックの目的の一つである体を正常に戻すための手助けをしています。赤ちゃん、マタニティー、子ども、頭痛、肩凝り、腰痛、ぎっくり腰、生理痛、自律神経失調症、便秘、おねしょでお困りのかたがお越しになられています。

ホームページ http://jegheterdesign.com/

ブログ https://s.ekiten.jp/shop_6058704/
posted by ヤイ ヘーテル デザイン at 09:33| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする